うたがわのライトノベル記

読書メーターとライトノベルの感想を書く予定のサイト。たぶんTRPGの話題はここに書く。

2016年04月の読書メーター

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:3295ページ
ナイス数:20ナイス

魔法少女育成計画 JOKERS (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 JOKERS (このライトノベルがすごい! 文庫)感想
よくがんばって一冊にまとめたなあ。どれも憎めないキャラで良かったです。
読了日:4月30日 著者:遠藤浅蜊
恋する殺人オーディション (メディアワークス文庫)恋する殺人オーディション (メディアワークス文庫)感想
ラノベスキーなのにシリアスな御影先生しか読んでなかったので、アイドル物扱うんだと思ったが、やはり裏切らない。ただ先生ならもう少しうまく書けそうなイメージあるので ちょっともったいない。
読了日:4月24日 著者:御影瑛路
魔法少女育成計画 limited (後) (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 limited (後) (このライトノベルがすごい! 文庫)感想
前半が3勢力の争いでいつものデスゲーム感薄かったので心配でしたが、作家裏切らない。やっぱり救いのないこの感じタマランですわー。
読了日:4月22日 著者:遠藤浅蜊
魔法少女育成計画 limited (前) (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 limited (前) (このライトノベルがすごい! 文庫)感想
ここまでXXなし、にちょっと驚き。3勢力の争いになるとは。
読了日:4月18日 著者:遠藤浅蜊
スクールライブ・オンライン 8 ラストマン・スタンディング(後) (このライトノベルがすごい! 文庫)スクールライブ・オンライン 8 ラストマン・スタンディング(後) (このライトノベルがすごい! 文庫)感想
祝☆完結。最後は危ない橋渡りすぎだったけど、主人公の友情努力勝利がきっちり描ききれていた作品でした。一人ひとりの想いがあると憎めないずるさと人間らしさが終始出てて良かったです。
読了日:4月17日 著者:木野裕喜
無法の弁護人 法廷のペテン師 (NOVEL0)無法の弁護人 法廷のペテン師 (NOVEL0)感想
さすが師走さん読ませる。導入と後半の本当に読ませたい部分への流れが非常に上手く、法律もだけど巧みに裁判員を心理誘導するアブナい感じがドキドキしました。 そして井上さんかわいかった。
読了日:4月17日 著者:師走トオル
ヴァルハラの晩ご飯 ~イノシシとドラゴンの串料理~ (電撃文庫)ヴァルハラの晩ご飯 ~イノシシとドラゴンの串料理~ (電撃文庫)感想
すごい良かったけどメインヒロイン様との関わりが薄くてちょっともったいない。主人公が半不死身で食料は斬新すぎるけど、それに劣ってない内容。ファンタジー感もしっかりあり(適当な部分も多少はあったが)とてもかわいかった。
読了日:4月17日 著者:三鏡一敏
シャーロック・ノートII: 試験と古典と探偵殺し (新潮文庫nex)シャーロック・ノートII: 試験と古典と探偵殺し (新潮文庫nex)感想
前回の後編の学園感一切ないところから学園作品感出されて違和感大きかったけどこっちのほうが好き。ミステリとしては良かったです。
読了日:4月17日 著者:円居挽
うーちゃんの小箱 (角川スニーカー文庫)うーちゃんの小箱 (角川スニーカー文庫)感想
やりたかったことはたくさんあったけど ちょっとまとまらず終いだったので残念。テーマとしては悪くなかったかも
読了日:4月14日 著者:和見俊樹
ひとりぼっちの勇者たち (スターツ出版文庫)ひとりぼっちの勇者たち (スターツ出版文庫)感想
それぞれ視点が変わるけれど読みづらくなく、それぞれ弱者側だけど励まし合いながらまっすぐに進み最終的に助けるところまできれいに書けてました。もう少しメリハリあってもよかったかな
読了日:4月6日 著者:長月イチカ

読書メーター

2016年3月の読書メーター

なかなか読む時間持てないです

続きを読む

2016年02月の読書メーター

2016年2月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:3858ページ
ナイス数:36ナイス

ゆうべはお楽しみでしたね(2) (ヤング
ガンガン
コミックス)ゆうべはお楽しみでしたね(2) (ヤング
ガンガン
コミックス)
感想
近づきたいけど、あんまり掘り下げるのも、なネトゲとリアルの絶妙な距離感がうまい。パウかわいい。
読了日:2月20日 著者:金田一蓮十郎
ReLIFE5 (アース・スターコミック)ReLIFE5 (アース・スターコミック)感想
どのタイミングでどうアニメ化するんだこれ。
読了日:2月20日 著者:夜宵草
クローズドセブン (下) (電撃文庫)クローズドセブン (下) (電撃文庫)感想
最近ラノベ上下巻構成流行ってるのかな。とはいえ完結。概ね読み通りの展開でしたが、ラノベ的展開()を必ず入れるのは麻宮さんですわー
読了日:2月20日 著者:麻宮楓
クローズドセブン (上) (電撃文庫)クローズドセブン (上) (電撃文庫)感想
殺人ゲームかと思えばそんなこともないので緊迫した状況のないまま進む感じ。でも初めから共闘しながら進む作品って実は少ないのでそういう面では麻宮さんっぽかったかな
読了日:2月20日 著者:麻宮楓
なぜなに未来侵略 カオスフレア編 (Role&Roll Books)なぜなに未来侵略 カオスフレア編 (Role&Roll Books)感想
雑誌連載の存在は知っていたけどまさか単行本化される日がくるなんて。中身はただの指南書ですが、具体的な数値基準なども書かれているので私としてはおいしかったです
読了日:2月20日 著者:小太刀右京
戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉3 (HJ文庫)戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉3 (HJ文庫)感想
ここにきてジェコブと新キャラ?の話。あくまでパンに拘りつつも自分の信念を曲げない主人公が大好きです。あとドキドキさせるシーンがうまいのはSOWさんのすばらしいところ。
読了日:2月20日 著者:SOW
メタリックガーディアンRPGリプレイ・インヴェイジョン    襲来、宇宙からの侵略者!  (富士見ドラゴンブック)メタリックガーディアンRPGリプレイ・インヴェイジョン 襲来、宇宙からの侵略者! (富士見ドラゴンブック)感想
[ルルブ未読] 自分用のセッショントレーラーにBGM。ロボットものっぽく、リプレイとしておもしろかったです。小太刀さんがイケメンロールしてたのは 個人的になんだかおもしろかったですw
読了日:2月20日 著者:藤田史人/F.E.A.R.
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金10 (ファミ通文庫)龍ヶ嬢七々々の埋蔵金10 (ファミ通文庫)感想
結婚編をはさんで新章。ついに第二部として動き出した感じがします。主人公の動きが読めないのが本当におもしろいし裏切らないです!
読了日:2月20日 著者:鳳乃一真
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金9 (ファミ通文庫)龍ヶ嬢七々々の埋蔵金9 (ファミ通文庫)感想
とつぜん結婚とかラノベ()っぽい展開になったと思ったら、やっぱりヒロインが増えました。今まで祭内部と主人公の家族関係が見えなかったので、9巻にして見えたのはよかったです。
読了日:2月20日 著者:鳳乃一真
【2015年・第13回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】女王はかえらない (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)【2015年・第13回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】女王はかえらない (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
さすがに「二度読み必死!」の帯まで書かれちゃうと 勘ぐって読んでしまうけど ミステリとして完成度は高かったと思います。スクール(クラス内)カーストの中での女性の戦いと、そこから展開されるどろどろは女性作家ならでは、でした。
読了日:2月20日 著者:降田天
金色の文字使い (6) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (ファンタジア文庫)金色の文字使い (6) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (ファンタジア文庫)感想
相変わらず主人公TUEEE。主人公の成長してるんだけどそう見せない感じがすごいです。
読了日:2月20日 著者:十本スイ
彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ)彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ)感想
人間と人間が作り出した生命体。どこまでが人間でどこまでが人間でないのか、むしろその境界は必要なのか。いろいろ考えさせられました。
読了日:2月20日 著者:森博嗣
スクールライブ・オンライン 7 ラストマン・スタンディング(前) (このライトノベルがすごい!文庫)スクールライブ・オンライン 7 ラストマン・スタンディング(前) (このライトノベルがすごい!文庫)感想
前半でキャラものとして消化しつつ(?)後半は緊張感溢れる感じでした。次で完結かな?
読了日:2月5日 著者:木野裕喜

読書メーター

2016年1月の読書メーター

「今年こそもっとラノベ読むなりブログ書くなりするぞ!」「もう1年のうち1/13終わったけど」「きーこーえーなーいー」くらいの気分です

続きを読む

2015年12月の読書メーター

思ったほど読んでなかった

続きを読む

2015年11月の読書メーター

読んでいたつもりだったけど それほど読んでなかったようで

続きを読む

2015年10月の読書メーター

カードゲーム三昧で本はあまり読めなかった

続きを読む