読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたがわのライトノベル記

読書メーターとライトノベルの感想を書く予定のサイト。たぶんTRPGの話題はここに書く。

学園祭名古屋

AngeVierge

またラノベまとめ損ねてげんなり。今年のイーグルスまとめかと思ったら残念!カードゲームの話だよ
現在のアンジュヴィエルジュは個人戦とチーム戦の二本柱でやっており、二人だけの約束が発売されてからエピソード2として2ヶ月(短っ!)戦っていきます。今回は新弾発売後1週間足らずで開催するという傍若無人企画学園祭@名古屋レポっぽいのを思い出に書きます。
思い出に語りたい時間なの。

一番の難関が「3人集めてチームを組むこと」と言われる学園祭。前回は8月に秋葉原で開かれました。今回は10月末に@名古屋です。
実は数名からチームメンバーにならないか、とお声をかけていただいたはものの「仙台と名古屋を往復するだけの金」とデッキをすぐ構築する力がなかったので断っていました。

しかし!!

前回出場した女性チーム(うち、お一方はアンジュのイラストを担当なさっているあの方)から「なんとなーくお誘いしたい」という噂が。

「それは聞き捨てなりませんね!!」(女性には優しくするスタンス)

しかし待てども待てども、連絡は来ず。いや連絡来ない方がお財布に優しいんだけど、噂を耳にしておいて誘われないのは違和感が。しかし、自ら名乗り出るのも恥ずかしいし、いつもでしゃばって失敗すr(頭の中で何かが切れる音

(」°ロ°)」オーイ!! 結局名古屋どうなりましたかー! チーム組めそうですかー!(on Twitter)
“ヘ( ̄ー ̄ )LINEヘオイデ
(」°ロ°)」オーイ!! 結局名古屋どうなりましたかー! チーム組めそうですかー!(on LINE)
((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス

というわけで東京大会と同じメンバーで出場することに。
初心者じゃないけど全勝託すのは厳しいので、基本わたしが勝ってどちらかお一方に勝っていただく形で勝ち進んでいけたらな、というイメージでした。

発売日である木曜日は昼休みをつぶし円盤をフラゲし定時退社してショップ大会と箱開けを同時にこなし、金曜日は新幹線に乗る15分前にシングルを購入する慌ただしい形での前々日東京入り。握るデッキは練ってはいなかったものの、だいたいこんな感じ!くらいで作っていました。
土曜日のアキバで多少調整をし、友人と日曜朝早く新幹線で名古屋へ。

「実は初名古屋!初JR東海!!なんだよねー」「そんなの言ってる時間ないから早く移動しよ」「(;´Д`A ```おみやげ買う時間だけは....」

なんてやり取りをしながら噂の会場へ(同行者が道調べておいてくれてよかった)
入り口付近で合流し、会場で参加申し込み。
アンジュのトリオマッチは先鋒、中堅、大将で割り振られております。ちなみに先鋒強い人、中堅変態(いわゆる環境を使わないタイプ)、大将座らせておいてそこそこ勝てる人らしいです。あえて先鋒と大将を逆に置いたりするのも戦略のうちだそうですが、正直全員勝てりゃそんなの関係な(ry ちなみに、一番数をこなしていてプールを覚えているうたがわが中堅(前回はてきとーに中堅だった)あとお二方はじゃんけんで先鋒と大将を決めておりました。
ギリギリになっても差し替えやデッキレシピを大勢書く人がいるなかで大会はスタート。
初戦は前回の東京大会のトリオマッチ準優勝者率いるチームでした。実はこのチームにプレミ(かぐやと水着みうみの出す順番を間違える)して勝ちを譲った苦い記憶が。今度は負けないぞ! と思ったら正面はなんとソフィーナ!先手のソフィーナがきついことはわかっていたので 勝てるなあと思ったら事故ってエースピン立ちと相手は展開に失敗。こちらは規定ルートに除去を絡めて安定した確定ダメージを打ち続け勝ち。ちなみにインテがデッキの中にあったそうなので、打たれてたら負けてました。本当に助かった試合でした。ちなみにチームは3−0で快勝。東京大会では3−0なかったので、チームが一つにまとまれた気がして非常に嬉しかった試合でした。
2試合目。さすがに3−0だったから強いチームとマッチングするでしょ()と思ってたら、Ep1にて入賞した以上に札幌から福岡まで運営と一緒に回った唯一の伝説の男(波がありますが基本お強い方です)のチームではありませんか!! うたがわはどうしても言いたかった「全国行脚お疲れ様でした。自宅からいつもお名前拝見しておりました.....」を言えて満足。試合は全国行脚の方は独特なみうみで大将だったため、お相手はできずじまい。中堅の方とはミラーといいつつ完全に除去(リューネコンボ)打ち込まれて、ワンチャン盤面作り出すも絶望エンドで終了。先鋒は知り合い相手に惜しいところまでこぎつけるものの、0−3と完敗でした。ちなみにブロック1位ベスト4に入ったチームです。レシピ掲載されてますねー。
3試合目。ドキドキしながらマッチング表を見ると

( ̄ー ̄?).....??アレ?? チーム相手の名前がナイゾ
Σ(゚д゚;) !? フセンショウ!?

はい。不戦勝でした。関西でちょっとアンジュやっている女性(セニア好き仲間!)もご挨拶にいらっしゃってくださり、部屋の隅の方で女子トークし(ながらアンジュ)してました。休憩時間にもなったため、緊張感が少しやわらぎ、最終戦へがんばるぞい!な気分になりました。ちなみにアンジュの査定上個人戦の不戦勝はオポーネント厳しくなりますが、チームは個人の勝ち数が優先順位が高いので、不戦勝って実は有利です(別のブロックで物議ありましたが見てみぬふり)
4戦目。チーム京都。対戦相手がトイレから戻ってこないのでまたもや不戦勝かとドキドキしていましたが、ゆっくりと入場。なんで慌てないのかうたがわには理解できないまま、わたしたちだけ2分遅れで試合スタート。
相手はカードゲーム慣れはしていたものの、あまりテキストを把握しておらず「すいません、ちょっといいですか?」とゆっくりとテキストを解釈していった模様。実は新弾のカードは数枚しか入っておらず、アンジュ慣れしていればサイクルカードやら互換カードってのはわかるんですが、そこまでは把握していなかったようです。せっかちにならないように、とは思うもののうたがわも流石にしびれをきらし「少し読むの急いでもらっていいですか? 遅延取らないレベルでお願いします」とお声がけしてみました。「大丈夫ですよ、試合時間前には終わりますから」とお相手の方はいうものの、アンジュこなれている身としてはエクストラ行くことはだいたい予想ついていました。せめてアニメヒロイン枠くらいはざっと目を通すか、相手の動きに時間取らないようにしてほしいです。もちろん長考入るのは良いんですが、テキストを解釈するまで丁寧に読まれるとちょっと抵抗があります。
結論からいえば、両脇1−1の状態でわたしの試合でチームの勝ち負けが決まる状態になってエクストラターン入り。1点足りず負けました。さやのデッキトップ確認分落としたあとにリジェされたら負けだよ。むーりぃー。お互い死にきれないシーンはありましたし、プレミも多くありましたが、奇しくも良い試合だったのでした。
ちなみにここの試合にうたがわが勝ってれば、オポ差で決勝行けてた手前、このあとひとりでずっと泣いてました。女性陣をトナメに連れて行きたかった(涙
泣き終わったあとはブルコロでみうみぶん回して3戦2勝しました。レミエルたそ6枚おっもちかえり〜。
チーム3人いっしょにパックを購入したら、うたがわだけサイン会引き換え抽選漏れという大ポカまでかまし、ひつまぶしを食べる間もなく会場を出発。実際19時30分くらいの新幹線にのらないと仙台行きのはやぶさ最終に間に合わない計算でした。だめなら閉会式途中で帰る気だったんだけど、まいまいかわいいし新情報を雑に出してくるし。
決勝トーナメントの決勝戦はいわゆる賢者たちの戦いでした。すでに人だかりになっており遠目でしか見れないけれど、あそこいらの人たちと東京遠征したときだけでも遊べる環境を持てるのは ガチになれそうでなれなかった身としては嬉しい限りです。きおすくで購入したおみやげはういろうとえびせんべいでした。きおすくは全国共通なんだね。