読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたがわのライトノベル記

読書メーターとライトノベルの感想を書く予定のサイト。たぶんTRPGの話題はここに書く。

2014年5月の読書メーター

TRPGリプレイたくさん読んでいた
2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:22冊
読んだページ数:6567ページ
ナイス数:43ナイス

嘘つきは探偵の始まり ~おかしな兄妹と奇妙な事件~ (メディアワークス文庫)嘘つきは探偵の始まり ~おかしな兄妹と奇妙な事件~ (メディアワークス文庫)感想
ミステリーほど謎解き感はなかったけど、設定はおもしろかった。あと謎解きシーンになるまでがちょっと長かった印象。ふたりのバックボーンが重いぶん、もっとストーリー全体に響くものがあればよかったのだけれどなー。
読了日:5月30日 著者:石崎とも
葵くんとシュレーディンガーの彼女たち (電撃文庫)葵くんとシュレーディンガーの彼女たち (電撃文庫)感想
一冊完結。SF時間軸もの。文化祭当日については首をかしげるところはあったものの、作品としてはおもしろかったし、読了感が強かった。でも、主人公はどっちを選ぶこともできず「現状維持」を選んでしまったところがノーマルエンドっぽいし、これからも主人公は(理解ある友人は得られたけれど)苦労していくのかな、と。
読了日:5月30日 著者:渡来ななみ
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)感想
+Hに関する記述が本編中なかったので???のまま読みました。表紙の主人公の笑顔に「やっぱりホモじゃないか!」と声をかけたくなります。カオリはよカオリはよ
読了日:5月30日 著者:裕時悠示
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6 (GA文庫)俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6 (GA文庫)感想
アニメのCVが慣れなかったので遠ざけてたけど、やっぱりラブコメとしては高い位置にある気がした。真涼は変化があったのに、主人公がまぁぶれない。一周回ってヒロインたちがかわいそうな気がしてきた。
読了日:5月30日 著者:裕時悠示
たいやき (メディアワークス文庫)たいやき (メディアワークス文庫)感想
作家買い。家族の中心であった母親がいなくなり父親が蒸発したあとの、3兄弟の不思議な関係を描いた作品。距離が近くなったような気もするけど、結局原点回帰で終わっちゃうのかな。それくらい「ちょっとした」変化くらいが、実際はちょうどいいのかもしれないけれど
読了日:5月30日 著者:朽葉屋周太郎
愛するムスメからの教育的指導 (電撃文庫)愛するムスメからの教育的指導 (電撃文庫)感想
未来のシステムに心ドキドキできたけれど、主人公の学校の友人とかあまり意味なかったような。もう一歩何かほしかったなあ
読了日:5月30日 著者:相生生音
サマー・ランサー (メディアワークス文庫)サマー・ランサー (メディアワークス文庫)感想
ある夏の少年の成長を描いた作品。絶望した少年の成長であり、ストレートな青春物語。こういうボーイミーツガールは好きだなあ
読了日:5月30日 著者:天沢夏月
FORTHシリーズ 連射王<下> (電撃文庫)FORTHシリーズ 連射王<下> (電撃文庫)感想
少年の話でもあるけれど、その周囲の人たちの年齢の変化もまたおもしろかった
読了日:5月30日 著者:川上稔
(P[は]4-1)アイドル潜入捜査官 小田切瑛理 (ポプラ文庫ピュアフル)(P[は]4-1)アイドル潜入捜査官 小田切瑛理 (ポプラ文庫ピュアフル)感想
ストーリーは言及することすらないレベルなのだけれど、異質の存在として祭り上げられていくヒロインには終始笑っていた ラノベでだせばよかったんじゃないかなー
読了日:5月30日 著者:英雄飛
ちっちゃいホームズといじわるなワトスン 緋色の血統 (講談社BOX)ちっちゃいホームズといじわるなワトスン 緋色の血統 (講談社BOX)感想
ミステリとしては微妙だったけどホームズはかわいかった。もう少しホームズ作品知っていればまた読み方変わったのかなー
読了日:5月19日 著者:城島大,高木恭介
魔王討伐! 俺、英雄…だったはずなのに!? (このライトノベルがすごい! 文庫)魔王討伐! 俺、英雄…だったはずなのに!? (このライトノベルがすごい! 文庫)感想
最初受け付けないかなー、と思っていたけど、斜め上を行く展開に終始笑ってしまった。ストーリーとかシリアス展開なしで、一貫してギャグを書いてほしいかなあ。
読了日:5月18日 著者:遊馬足掻
東京スピリット・イエーガー 異世界の幻獣、覚醒の狩人 (このライトノベルがすごい! 文庫)東京スピリット・イエーガー 異世界の幻獣、覚醒の狩人 (このライトノベルがすごい! 文庫)感想
王道まではいかないけど、ふつー=教科書的な展開。嫌いじゃないけど、ちょっと裏切ってほしかったかな。ヒロインの厨二病発言がギャップ萌えだったのかな……
読了日:5月14日 著者:大泉貴
ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・デイズ(3)  若君)たんけんふ)激突 (富士見ドラゴンブック)ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・デイズ(3) 若君)たんけんふ)激突 (富士見ドラゴンブック)感想
ナイツ全巻既読後のクロスオーバー回。ひどく青春が突き刺さっていたのがおもしろかったw
読了日:5月14日 著者:加納正顕,F.E.A.R.
ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・デイズ(2)  若君(たんけんふ)求婚 (富士見ドラゴン・ブック)ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・デイズ(2) 若君(たんけんふ)求婚 (富士見ドラゴン・ブック)感想
ハンドアウト読んだ時はどうなるかと思ったけど、ちゃんと最後の展開になって驚いたw イラストでの凛々花の喜怒哀楽の表情がたまらなかった!
読了日:5月14日 著者:加納正顕,F.E.A.R.
ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・デイズ(1)  若君(たんけんふ)覚醒 (富士見ドラゴン・ブック)ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・デイズ(1) 若君(たんけんふ)覚醒 (富士見ドラゴン・ブック)感想
岡本さんがすごく楽しそうだった印象。キャラがブレることなく最後まで進んだので好感が持てた。パーティ全員がオーヴァードでないところからスタートだったので、ストーリ立てるときの参考にしよう。
読了日:5月14日 著者:加納正顕,F.E.A.R.
スクールライブ・オンライン3 (このライトノベルがすごい!文庫)スクールライブ・オンライン3 (このライトノベルがすごい!文庫)感想
ギャグ回かな、と思わせといてシリアス展開。この作家さんはバランスがうまいなあ。あとはたくさん伏線がでたのでゆっくりながーく続いてくれることを祈ります
読了日:5月8日 著者:木野裕喜
宇宙人と綴じたメモリア (講談社BOX)宇宙人と綴じたメモリア (講談社BOX)感想
切ないボーイミーツガールだった。主人公自身もヒロインも進んでいる感覚がとても好き
読了日:5月8日 著者:折口哲,三月薫
AKB49~恋愛禁止条例~(19)特装版 (プレミアムKC)AKB49~恋愛禁止条例~(19)特装版 (プレミアムKC)感想
くろかみさまという存在がひろこに近づきすぎてしまったからみのりブレブレw 対立という構図を作ってしまったから ああいう形でしか支えてあげることができないんだろうなあ。あとおまけに岡部がでてきたので嬉しいです
読了日:5月8日 著者:宮島礼吏
僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)感想
良い騙され方だった。なんともない(?)きっかけで主人公が少し変わったり動き出したりする感じが良かったです
読了日:5月1日 著者:小川晴央
ノノメメ、ハートブレイク 3 (ガガガ文庫)ノノメメ、ハートブレイク 3 (ガガガ文庫)感想
打ち切りなのか完結なのかわからないけれど、これで終わりなのかー。こういうまっすぐで馬鹿馬鹿しい主人公はとても好きだったから残念だなあ
読了日:5月1日 著者:近村英一
赤村崎葵子の分析はデタラメ 続 (電撃文庫)赤村崎葵子の分析はデタラメ 続 (電撃文庫)感想
何か理由があるだろうとは思っていたけど、この作品でシリアス展開があるとは思ってなかった。バカと頭の切れるキャラとのバランスがちょうどいい作品です
読了日:5月1日 著者:十階堂一系
今日からかけもち四天王! (2) ~勇者陥落と革命の日~ (電撃文庫)今日からかけもち四天王! (2) ~勇者陥落と革命の日~ (電撃文庫)感想
キャラクタがかわいすぎる! 個人的にしっかり妹が好きです。あとがきのアイマス愛には笑ったw
読了日:5月1日 著者:高遠豹介

読書メーター